セミナー詳細

一覧へ戻る
2019.08.21 (Wed) 13:00 - 17:00

パチンコ・パチスロホール 経営環境の変化に対応する店づくりと営業手法

講演内容

いよいよ正念場、いかに淘汰から生き残るか! 今こそ、本当のパチンコ営業を実践する

               

パチンコ・パチスロホール

経営環境の変化に対応する店づくりと営業手法

 

こうすれば必ず店は良くなる。お客様を減らさない店づくりとは

■あなたの店もいつの間にか旧態依然の店になっている。気づいていないだけ

■店づくりにはセオリーがある。まずはセオリーどおりにやろう

■店を“変えていく”のが店長・幹部の役割である

 

ご案内

 昨年の遊技機規則改正は過去に例をみない大きなマイナス規制となりました。今後、スロット旧基準機やパチンコ機の検定切れ・みなし機の撤去が本格化してきます。思いっきりアゲインストの風が吹くなか、業態やビジネスモデルを変えていくという意識が必要となります。「お客様を楽しませる」ということを真剣に考えないとお客様は減るばかりです。

 「人手不足」はどこでも同じです。それを理由にしても何も始まりません。今だからこそアイデア勝負なのです。

一番危険なのは業界歴の長い人が自分の経験で判断してしまうこと。

 店舗をリニューアルする前に自分たちの仕事と考え方をリニューアルする必要があります。集客はもう「入替」「出玉」「イベント」(悪しき店長の三種の神器)ではありません。一つひとつ手順を踏めば必ず上手く行きます。

 本セミナーでは、今までに経験したことのない大きな環境変化のなかでも奮闘している優良ホールの行動特性に注目し、㈱トリスト 代表取締役 中川系太郎氏に、これからの店づくりと営業手法について解りやすく解説していただきます。パチンコホール営業に携わる多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 

セミナープログラム

 

              13:0017:00 ※講演途中でコーヒー休憩および随時休憩を挟みます

 

. 今、注力すべき7つの事

 ●商圏内ブランド力を高める

 ●ストアロイヤルティを高める

 ●お客様は「人」を見ている

 ●「いかに抜くか」でなく「いかに楽しませるか」を議論する

 ●玉粗利(料金)を戦略に組み込む

 ●手を抜かない計数管理

 ●グランドデザインと販売促進

 

. 悪しき既成概念を払拭する

 ●玉利を上げて粗利達成は最悪

 ●人を代えて解決しようとしない(部下のせいにしない)

 ●旧態依然としてはダメ(世の中は変化する)

 ●広告宣伝費を守り抜く

 ●脱イベント、短期の集客策は長期でお客様を減らしている

 ●常連客を重要視してはダメ

 ●接客が良くならない店の共通点

 ●差別化してはいけないこと

 ●従業員がギャンブル好きでは良い店は作れない

 

. 優良店の現場の仕事と行動特性

 ●一段深く考えよう

 ●業務一つひとつのあるべき姿を共有する

 ●常に3か月先を考える

 ●精度を高める営業計画

 ●マルチタスクで業務を進める

 ●モチベーションの高め方

 ●商売は科学、見える化で基準を高める

 ●工夫とアイデアはこうして生まれる

 ●結局は面倒な事をやり続けている

 

. 集客の手順

 ●いかに宣伝が大切か

 ●一度来店していただくことが店長の最重要任務

 ●負けてももう一度来店していただける店づくり

 ●会員管理と分析

 

. パチンコという商売の重要キーワード

 ●商品とベネフィット

 ●事前期待と事後評価

 ●サイレントマジョリティとノイジーマイノリティ

 ●QSC(クオリティ・サービス・クリンリネス)を徹底する

講演日程・詳細

日時 2019.08.21 (Wed) 13:00 - 17:00
会場 東京ガーデンパレス
会場住所 東京都文京区湯島1-7-5
参加費

参加費 44,280円(1名様につき/消費税および地方消費税 3,280円含む)
●同一申込書にて2名以上参加の場合は
 39,960円(1名様につき/消費税および地方消費税 2,960円含む)
※テキスト・コーヒー代を含む。

お申込み方法

各社ウェブサイトよりお申し込みください。

公式URL https://www.sogo-unicom.co.jp/pbs/seminar/2019/0804.html

講師紹介

中川 系太郎
株式会社トリスト 代表取締役

 

一覧へ戻る