セミナー詳細

一覧へ戻る
2019.03.19 (Tue) 13:00 - 17:00

中小パチンコホールが業績を上げる 繁盛店づくり手法研究

講演内容

中小パチンコホールが業績を上げる
繁盛店づくり手法研究

業績を上げるポイント
①いかに遊技機運用するのか。遊技機のエリア戦略とは
②自店のポジショニングを高めるブランド化
③「ターゲットの共感」を呼ぶためのマーケティング戦略
④ホール責任者の業務レベルを上げる(営業のプロ化)

ご案内
 2019年は、昨年施行された「遊技機規則改正」やパチスロ6号機への変更など遊技機の射幸性抑制に向けた取組みや、旧要件機の撤去がさらに加速していきます。
しかし、競合が激化するなかでも、業績を上げ続けているホールも多数存在しています。また、それらのホールすべてが多大な経営資源に恵まれているホールばかりでないことも事実です。競合する地域のなかで“業績を上げる”ためには、なぜそのホールが選ばれるのか。ユーザーから支持されるホール(繁盛店)をつくるメカニズムを知ることが必要となります。それらのホールの共通点は、「自らがプロの視点を持ち、具体的な計画を立てて実行している」ということです。したがって、自店の業績のかなりの部分をイベントなどに委ねてきたホールは今後、営業に対する考え方を見直さざるを得なくなります。
本セミナーでは、繁盛店をつくるために必要な2つの「キーワード」(口コミ型・参加型)と2019年の最大のポイントとなる「企画力」づくりを詳解するとともに、さらに加速する低射幸性営業のなかで業績を上げる、中小パチンコホールの営業戦略構築について学んでまいります。

セミナープログラム
  13:00~17:00 ※講演途中、15時前後にコーヒーブレイクの他、随時休憩を挟みます。

Ⅰ. 自店状況分析
1. SWOT分析(状況分析)
2. 「自店の環境」を分析する
3. 環境分析における9つの要素
4. SWOT分析における「強み」「弱み」「機会」「脅威」の事例
5. 「王道戦略」と「差別化戦略」
6. SWOT分析における注意点

Ⅱ. 自店遊技機分析
1. 遊技機PPM分析(遊技機分析)とは
2. 遊技機PPMにおける4つの機種分類
3. 遊技機運用における注意点
4. 機種構成における注意点
5. スロット設定とアウト数向上

Ⅲ. 遊技機エリア戦略とコンセプトエリアの考案
1. 遊技機エリア戦略の行ない方
2. 「金のなるエリア」という考え方
3. コンセプトエリアの必要性
4. 「金のなるエリア」事例
5. コンセプトエリアにおける注意点

Ⅳ. 競合店分析と業績を上げるマーケティング戦略
1. 間違いだらけのマーケティング
2. マーケティングの量と効果の関係性
3. マーケティング戦略「要素」「パターン」
4. 「ターゲットの共感」は稼動率を上げる
5. マーケティングにおける注意点

Ⅴ. 2019年は「企画力」が最大のポイント
1. 繁盛店をつくる2つのキーワード:「口コミ型」と「参加型」
2. 実現できる営業計画の作り方
3. 目標設定:「現状と目標」
4. 行動計画の立案と決定
5. 予算配分の重要性

講演日程・詳細

日時 2019.03.19 (Tue) 13:00 - 17:00
会場 アイビーホール(東京・表参道)
会場住所 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL. 03-3409-8181
参加費

参加費 43,200円(1名様につき/消費税および地方消費税 3,200円含む)
●同一申込書にて2名以上参加の場合は
 38,880円(1名様につき/消費税および地方消費税 2,880円含む)


※テキスト・コーヒー代を含む

お申込み方法

各社ウェブサイトよりお申し込みください。

公式URL https://www.sogo-unicom.co.jp/pbs/seminar/2019/0310.html

講師紹介

金村 龍馬 (かねむら りょうま)
株式会社ビルズ 代表取締役

 パチンコ店舗アルバイト、班長、主任、店長、取締役を経て独立。現在、全国各地のクライアントに短期集中型ホールコンサルティングを行なう。また、「パチンコ店長総マーケター化計画セミナーシリーズ」「龍馬流マーケティング実践塾」を全国各地で開催。ブログ「パチンコ店長の右脳」、メルマガ「マーケターRの朝食」を連載中。単独セミナーは常にソールドアウトで、ホール運営関係者に圧倒的な支持を得ている。

一覧へ戻る