セミナー詳細

一覧へ戻る
2017.02.21 (Tue) 13:00 - 17:00

【マーケット縮小期対応型】 勝ち残るホールマーケティング実践・実務講座

講演内容

 

  13:00~17:00(講演途中でコーヒー休憩および随時休憩を挟みます)



Ⅰ. マーケット縮小期の実態

 1. 誰がマーケットからリタイアしたのか(誰が残っているのか)

2. 新規ユーザー誕生のための障害

3. 長期間続く遊技参加人口の低迷にどう対応するか




Ⅱ. マーケットのメカニズムの正しい理解

 1. (考察)プレイヤーの本能的行動

2. (考察)プレイヤーの社会的行動

3. (考察)マーケットメカニズム(根付けのフロー2016年版)




Ⅲ. 商圏と「マーケット」の定義

 商圏の「マーケット化」がもたらす恩恵

・ 距離的・生活動線的見地を重視する商圏意識は無力

・ 自店顧客が存在する「マーケット」を広げる意識が重要

・ 「マーケット」は自店の収益の源泉



Ⅳ. プレイヤーと遊技機

 1. 稼働する遊技機と稼働しない遊技機の本当の違い

・ 「大当たり」の効力

・ 人気機種の「ゲーム性評価」は意外と低いという事実から見えてくること

・ “箱推し”の有効性

 2. 新機種が十分な結果を残せない原因

・ 新機種とプレイヤーの関係(初期離反率とリピート率)

 3. プレイヤーは遊ぶ台をいつ、どのように決めているのか



Ⅴ. マーケット縮小期対応型マーケティングに必要な知識

 1. 最新の広告宣伝動向

2. 自然来店新規客の存在

3. ホール掛け持ち遊技客

4. 移動平均による来店客数の追跡




Ⅵ. マーケットサイズ縮小期におけるマーケティング活動のあり方

 1. 体制

マーケティング活動の責任者の明確化によるメリットを享受する

 2. 管理資料のフォーマット

「非・計数管理」の徹底によるマーケティング遂行力のチェック

 3. 企画資料のフォーマット

「予定表作り」から脱却し、「戦術作り」を進める

 4. ロジカルシンキングの徹底

「営業会議の質」を深化させる



Ⅶ. パチンコ・パチスロ市場の将来

 期待される分野と期待できない分野

・ 短時間プレイヤーの開拓

・ 新たなる「主役」の必要性(遊技機)

・ 「非・F層」に対するイノベーションが起きるか

・ 「ギャンブル」との棲み分け



※各章の解説において、「パチンコ・パチスロプレイヤー動向調査結果」

((株)ワールド・ワイズ・ジャパン調べ)を公開いたします。
 
 
 
 

講演日程・詳細

日時 2017.02.21 (Tue) 13:00 - 17:00
会場 東京ガーデンパレス
会場住所 東京都文京区湯島1-7-5 
参加費

 41,040円(1名様につき/消費税および地方消費税 3,040円含む)

●同一申込書にて2名以上参加の場合は

 38,800円(1名様につき/消費税および地方消費税 2,880円含む)

※テキスト・コーヒー代を含む

お申込み方法

 ウェブサイトよりお申し込みください

公式URL http://www.sogo-unicom.co.jp/pbs/seminar/2017/0208.html

講師紹介

岸本 正一
ホールマーケティングコンサルタント (有)オベーション 代表取締役 (株)ワールド・ワイズ・ジャパン 常務取締役 LOGOSプロジェクト 上級研究員

 1963年生まれ。20年にわたるホールマーケティング研究および実践的コンサルティング活動を通じて得られたノウハウを、独自に体系的に整理。業界誌への執筆や講演活動を通じて、業界全体のマーケティング研究の進化を目指す。年間約10万人のペースでプレイヤーアンケートを回収し、その分析を継続している。

一覧へ戻る