セミナー詳細

一覧へ戻る
2016.11.21 (Mon) 10:50 - 2016.11.22 (Tue) 13:00

【クオリティーフォーラム2016】特別講演 『折れない心』~柔道家 野村 忠宏 氏

講演内容

 『折れない心』 柔道家 野村 忠宏 氏

----------------------------------------------------------------------



オリンピックを3連覇し、父親が名門天理高校柔道部の監督、叔父はミュンヘンオリンピック金メダリストという柔道一家に育ちましたが、決して柔道を初めた当初から強かったわけではありません。

幼少期は身体が小さく、ずっと勝てない選手でした。



それでも柔道を続けてきたのは、自分自身で柔道を選び、努力を続けた未来の自分に期待し可能性を信じてきたからです。



なかなか勝てなかった幼少期、チャンピオンになってからもケガや様々な困難を乗り越えてきた経験。強くなるために、自分の限界を超えることが大切ということを学んだ経験。金メダルを獲得するために自分の心の弱さ、プレッシャーに打ち克ち、プライドを捨ててまで取り組んできた経験。40歳まで現役にこだわり、最後まで折れなかった心。この経験を話すことで少しでもビジネスマンの方々の前向きになり頑張るキッカケになればと思います。

講演日程・詳細

日時 2016.11.21 (Mon) 10:50 - 2016.11.22 (Tue) 13:00
会場 日本教育会館
会場住所 東京都千代田区一ツ橋2‐6‐2
参加費

 ウェブサイトよりご確認ください

お申込み方法

 ウェブサイトよりお申し込み下さい

公式URL https://www.juse.jp/quality_forum/

講師紹介

野村 忠宏
 柔道家

 祖父は柔道場「豊徳館」館長、父は天理高校柔道部元監督、
叔父はミュンヘンオリンピック軽中量級金メダリスト、という柔道一家に育つ。

天理大学、奈良教育大学大学院を経てミキハウスへ。
アトランタオリンピック、シドニーオリンピックで2連覇を達成。
その後、アメリカへ留学。
2年のブランクを経てアテネオリンピック代表権を獲得し、
2004年アテネオリンピックで柔道史上初、
また全競技を通じてアジア人初となるオリンピック3連覇を達成する。

その後、たび重なる怪我と闘いながらも、さらなる高みを目指して現役を続行。
2015年8月29日、全日本実業柔道個人選手権大会を最後に、40歳で現役を引退。

国内外にて、柔道の普及活動を展開。

一覧へ戻る