セミナー詳細

一覧へ戻る
2016.09.28 (Wed) 13:00 - 17:00

“勝ち残る”ためのユーザーから選ばれるパチンコホールづくり手法を学 ぶ

講演内容

 ■ セミナープログラム ■



回収対象遊技機73万台撤去[低射幸性遊技機]定着に向けて

Ⅰ. 新台に依存しない効果的な遊技機運用とは

  稼動低下・台売上減少・台粗利減少・低貸営業主体ホールの

   営業戦略・戦術の再構築をどう図るか

 ●4パチ・20スロ好調店6つの特徴

   好調の要因はこの6つに要約される

 ●何をどうすれば稼動が上がるのか。 ユーザーの3つの願望

   ユーザーを知らずして業績UPはない

 ●ユーザーの機種選定傾向

   来店客は、このように遊技する台を決めている

 ●遊技機を4つに分類する

  自店の機種構成について考える

 ●「機種数と回遊率」を数値化する

  好調店と不調店の差はここからくる

 ●稼動アップにおける正しい考え方

   遊技機運用においての最も重要なポイント

 ●「お客様はなぜその店に行くのか?」を知る。

  自店のストロングポイントを創る

  ユーザーは「ストロングポイント」に惹かれる

 ●対競合店の視点をどう持つべきか

  競合店について知ることは自店にアドバンテージをもたらす

 ●台数とアウトの関係性

   少台数店舗、多台数店舗の差はここにある

 ●結果が出せる新台入替

   新台入替の目的を理解し、ピンポイントで強化する

 ●閉店前2時間の使い方

   明日の営業成果はこの2時間で決まる



Ⅱ. 効果的な集客プロモーションで新規客が来店する

  ユーザーから支持される“勝ち残る”ためのホールづくりのメカニズムとは

 ●一番店と下位店舗におけるプロモーションにおける方向性の違い

  自店のポジショニングを正確に把握し、戦略的でなければならない

 ●ユーザーを惹きつけるプロモーションの行ない方とは

   「告知」しても来店しない時代に何をするべきか

 ●「スロットユーザーが興味を持つこと」を知る

  スロットユーザーが興味を引くことは、スロットだけではない

 ●「関心・興味・共感」が新規客の来店に繋がる

  「感情的価値の訴求」はキャッチコピーで表現する

 ●お金を使えないホールは「技能」を磨く





講師:金村 龍馬 (株)セカンドビルズ 代表取締役

講演日程・詳細

日時 2016.09.28 (Wed) 13:00 - 17:00
会場 ベルサール飯田橋駅前
会場住所 東京都千代田区飯田橋3-8-5
参加費

 41,040円(1名様につき)

 (消費税および地方消費税 3,040円含む)

●同一申込書にて2名以上参加の場合は

 38,880円(1名様につき)

 (消費税および地方消費税 2,880円含む)

※テキスト・コーヒー代を含む

お申込み方法

 http://www.sogo-unicom.co.jp/pbs/seminar/seminar01.cgi

公式URL http://www.sogo-unicom.co.jp/index.html

講師紹介

金村 龍馬(かねむら・りょうま)
株式会社セカンドビルズ 代表取締役

 パチンコ店舗アルバイト、班長、主任、店長、取締役を経て独立後、現在、全国各地のクライアントに短期集中型ホールコンサルティングを行なう。また、「パチンコ店長総マーケター化計画セミナーシリーズ」「龍馬流マーケティング実践塾」を全国各地で開催。ブログ「パチンコ店長の右脳」、メルマガ「マーケターRの朝食」を連載中。単独セミナーは常にソールドアウトで、ホール運営関係者に圧倒的な支持を得る。

一覧へ戻る